貯蓄・節約なんでもありのお金ラボ

貯蓄・節約はもちろん投資や秘密の錬金術までお金に関する情報サイト

税金

未成年を受贈者とした贈与契約書について知っておきたいこと

投稿日:

贈与とは

そもそも贈与とは、一方的に無償で財産を贈り、与えることを指します。


ということは、日常生活の中でこどもに与えるいるお小遣いや、お正月の楽しみである「お年玉」も一種の贈与ということになります。

贈与というとどうしても気になる「贈与税」

贈与というとどうしても気になる「贈与税」ですよね。前述したような「お小遣い」や「お年玉」は常識の範囲内であれば課税対象とならないのでご安心ください。
贈与税の非課税対象については国税庁のHPに詳しく書かれているので、ご興味のある方は一度読んでおいて損はないと思います。

未成年者と贈与について

国税庁が非課税として認めたもの以外で、贈与の基礎控除額(年間110万円)を超える額の贈与については、相手(受遺者)が未成年であっても贈与税は課税されます。
では、未成年のこども(場合によっては乳幼児ということも)が確定申告をして、納税するのでしょうか?
確定申告者が未成年の場合は、法定代理人(基本的には親権者)が代理人として確定申告を行うことになります。

未成年者と贈与契約書

少しでもご子息に財産を残しておきたいという親心で行った贈与で、税金で苦しむことのないよう税務署から指摘されないためにも、贈与を行う場合には「贈与契約書」を作成しておくと良いでしょう。
また、税金面以外であっても贈与はトラブルの原因となる場合があります。第三者に「贈与」を主張するためにも「贈与契約書」を作成しておくことはトラブルを未然に防ぐ意味で大切になってきます。

贈与は振込がベスト

金銭を贈与する場合は「手渡し」よりは「銀行振り込み」のような記録が残る形がベストです。これも、贈与契約書同様に後々のトラブルを未然に防ぐための証拠を残すためです。

[adsense_contents_end]

-税金

執筆者:

関連記事

気になる出国税とは

気になる出国税とは 2015/07/16掲載予定 海外旅行保険も読んでみてね♪

no image

医療費控除とふるさと納税を確定申告しよう

すでに確定申告を終わらせた方も多いとは思いますが、今年(2017年所得申告分)の申告期限は(所得税)3月15日となっています。 会社員やパート・アルバイトの場合、会社で源泉処理されて、保険控除や扶養控 …